文化で遊ぶ

(旧タイトル:文化の誕生)

誤算だらけの小池新党

小池新党の民進党リベラル切りには、失望しました。思うに、一連の出来事は、次のように動いたのではないかと思います。

まず、民進党の前原氏は、民進党内部の枝野氏率いるリベラル勢力を追い出したいと思っていた。小池氏が前原氏にこう尋ねた。「私が党首になれば、あなたは新党に興味がありますか?」。前原氏は、Yesと答えた。そこで、小池氏は自らが党首となることとし、希望の党を立ち上げた。そして前原氏が、民進党希望の党への事実上の合流を同党の両院議員総会に付議し、可決させた。この時点で民進党の議員は、大半が希望の党へ合流できるものと思っていた。しかし小池氏は、リベラル切りへと動いた。前原氏か、小池氏か、そのどちらかが、又は双方が、嘘をついたことになります。

希望の党は、未だに自らの政策や選挙公約を明らかにしていないのに、安保法制と憲法をリベラル切りの踏み絵とすると言われています。これはおかしい。実は、政策を発表しにくい事情があるのではないか。そしてこの問題には、連合の影響があるのではないかと思います。民進党と連合とは、政策協定を結んでいた。そして、その政策協定を丸飲みしなければ、連合は希望の党を支援しないと言っている。すなわち、希望の党が連合の支持を取り付けるためには、民進党の政策をある程度踏襲する必要がある。そうなれば、新鮮味のある政策は打ち出せない。若しくは、希望の党は元来、大した政策を考えていないという可能性もあります。仮に、自民党や維新の会が既に発表している政策を踏襲するだけであれば、国民の支持を得ることは難しい。

そもそも、希望の党は「しがらみ政治からの脱却」を自民党との違いとして説明してきましたが、そうであれば連合からの支持(しがらみ)をあてにするようではダメです。

さしたる戦略もシナリオもなく、小池氏は今、徐々に追い詰められているようにも見えます。自民党からは「衆議院選挙に出るべきだ」とさかんに挑発されていますが、出れば「豊洲はどうなった、都政はどうなった」と批判されるのは目に見えています。反対に、衆院選に出馬しなければ「政権選択選挙だと言うのに無責任ではないか」、と言われる。また、民進党のリベラルを切れば切る程、悪い印象が国民に広がるし、連合の支持も得にくくなる。しかし、切らなければ「烏合の衆だ、民進党と変わらない」と言って批判される。衆院選の後で、公明党を抱きこうもという意図で「総理は、山口氏がいいのではないか」などと今から言うから、かえって公明党の反発を招いてしまった。ここで、公明党との関係が悪化すれば、今度は都議会の運営が難しくなる。

そもそも、2大政党制というのは、保守と現実的リベラルを標榜する政党によって、競われるべきものだと思います。希望の党は、安全保障関連法を容認し、改憲を是とすることを踏み絵としているようですが、これでは保守である自民党と、少なくとも政策においては何ら変わらない。アメリカの場合は、次のようになっているはずです。

共和党・・・自由・・・保守
民主党・・・平等・・・現実的なリベラル

政策の変わらない自民党希望の党が2大勢力になったとして、両党が連携すれば戦前の大政翼賛会のようなものが出来上がってしまう。

結局、小池氏は自民党の影響下にあるメディアを敵に回すことになった。それと同時に、リベラル勢力をも敵に回すことになった。いよいよ、手詰まりではないでしょうか。前原氏に至っては、その政治生命の危機が訪れる可能性だって、ないとは言えない。前原氏が担ぎ、小池氏がうっかり神輿に乗ってしまった。そこから、誤算が誤算を生んで、今回の騒動になったのではないでしょうか。だとすれば、この2人の責任は重い。

小沢一郎さん! あなたが主張していたオリーブの木というのは、こういうことではなかったはずですよね?